北海道でのおせち料理

おせち料理はお正月に食べるもの、だけではないということをご存じでしたか。

一般的にはお正月に食べるものとして売られているのではないでしょうか。

おせち料理は、地域によって食材や献立だけでなく食べる時期も違っているということをご存知でしょうか。

北海道では、おせち料理はお正月ではなく大みそかに食べるものだと言われています。

北海道では大みそかには年越しそばとおせち料理を食べます。

お正月には残ったおせち料理とお寿司などを食べます。

何故北海道だけおおみそかにおせち料理を食べるのでしょうか。

実はもともとはおせち料理はおおみそかに食べるものだったのです。

え?おせち料理はお正月のものではなかったの!?と驚く人も多いと思います。

お正月には親戚などのお客様が来ることが多いですよね。

その為にお客様にも食べさせるために豪華な盛り付けとなり、お正月に食べるようになったのです。

北海道では、色々な人が集まっているために文化も本州とは異なることがあります。

そして、おせち料理に関しては昔の大みそかに食べるという習慣のままということになったのです。

ですので北海道の人はおせち料理は大みそかに食べるものだと思っています。

結婚をして北海道以外の土地に来る場合には、驚いてしまうことでしょう。

同じ日本でもここまで違うの・・・?とびっくりしてしまいそうですね。

ですが、最近では洋風のおせち料理など様々なおせち料理が登場しています。

こういったことも含めると北海道のおせち料理も変化していくこともあるでしょう。

おせちの魅力を語るサイト⇒URL:http://www.tamchy.com/